ベースボールポスト

野球の動画・画像の紹介など

古田・谷繁両選手のキャッチングの極意

   

元プロ野球選手でヤクルトスワローズの古田敦也選手と中日ドラゴンズの谷繁監督がキャッチング理論について語りあっている動画。

谷繁監督のキャッチング理論はミットを動かさず投手に向け続けて、投げる目標として見せ続ける、キャッチングする最にはボールを掴まず親指をあげるだけとの事。

谷繁監督のミットは深くなっていて、ファーストミットに近いのだそうです。古田選手も驚いており相当珍しいみたいですね。

もちろんオーダーメイドでしょうから一般的には手にはいらないものなので試したい人はオーダーメイドしかないでしょう。

 

古田選手の採り方は一般的な一度ミットを下げて取る方法で、リラックスして取りたいとの事。

ボールを取る際に外側からボールを取って中に入れるようにしてミットが外に動かないようにする。

低めの玉はひじを上げてミットを上に向けない、向けるとボールになる。ワンパウンド以外は絶対にミットを上に向けないというのがポイントですね。

ボールの軌道に先回りしてミットを戻しながらキャッチするというのは現役の選手では見ないのでやはり古田選手のキャッチングは独特なものなのでしょう。

今後古田選手のように、打てる一流のキャッチャーというのは中々出てこないと思います。

 

古田選手・谷繁監督ともに一流の選手ですので簡単には真似できないのは仕方ないのですが、お二人が指導し一流の打てるキャッチャーを育ててほしいものです。

 

 

 - NPB  -